万能タイプの健康食品

ウーマン

動物・植物両方の性質

通常、人が口にする食品は動物性のものと植物性のものとの2種類に大別されます。ところが中には、その両方の性質を兼ね備えた食材も存在します。それがユーグレナです。ユーグレナは淡水に棲む藻の一種で、光合成を行うことから以前は植物と考えられていました。しかし鞭毛を使って自ら泳ぐことができ、バクテリアなどを捕食する種もあることから、今では原生生物の一種だとされています。ユーグレナはその特異な生態から、動物性・植物性双方の栄養素を含むユニークな健康食品として注目されています。現在ではサプリメントや飲料などに加工した製品が出回っています。また、高いエネルギーを持っていることから、バイオ燃料の素材としての利用なども検討されています。

有効成分は何と59種類

ユーグレナには全部で59種もの効果的な成分が含まれていると言われています。その中には、必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸、鉄・亜鉛・カルシウム・マグネシウムなどの9種類のミネラル、ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・葉酸などの14種類のビタミンが含まれています。また、血中脂肪を減らす効果があるDHA・EPAなどの不飽和脂肪酸も豊富です。まさに万能健康食品と言うことができます。さらに注目されるのが、ユーグレナにしか含まれていないとされるパラミロンです。パラミロンはβグルカンの一種で、有害物質などを吸着して体外に排出する働きがあります。そのため、重金属などを除去するデトックス効果が期待できます。食物繊維に似た働きもあるため、整腸効果もあると言われています。